ぬるま湯洗顔が効果的

あごにきびと洗顔

洗顔のしすぎは、お肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、乾燥肌を引き起こしてしまい返ってあごにきびを悪化させてしまう原因にもなります。
お肌の表面にある皮脂は、お肌に薄い膜を張って潤いを保ち、ちょっとした外部刺激からお肌を守る働きをしてくれています。
この大切な皮脂を洗い流してしまえば当然、お肌は乾燥しやすく、肌荒れも起きやすい肌環境になってしまいます。
あごにきびを気にしている人はお肌が乾燥していることが多いので、特に洗顔のしすぎには要注意です。

 

洗い流すときは「ひと肌程度の温度のぬるま湯」を

お顔を洗うとき、毛穴を引き締めたいからと冷たいお水で洗い流したり、汚れがしっかり落ちるようにと熱めのお湯で洗い流している人は、いませんか?

 

実は、お顔を洗い流すときに一番最適なのが「ひと肌程度の温度のぬるま湯」です。

 

冷たいお水を使うと確かに毛穴はキュッと引き締まりますが、洗顔はお顔の汚れや余分な皮脂を洗い流すためのものなので、汚れがきちんと落としきれてないのに毛穴が引き締まってしまえば当然、汚れも落ちにくくなってしまうので、向いていません。
毛穴を引き締めたい目的であれば、ぬるま湯でしっかり泡などを洗い流してから仕上げとして冷たいお水を使いましょう。

 

反対に、熱いお湯はお肌に触れたそばから蒸発していきます。
お湯が蒸発する際に、お肌に必要な水分も一緒に蒸発してしまうので、お肌が乾燥しやすくなってしまいあごにきびの原因に。
乾燥肌が気になる人は、入浴するお湯の温度をぬるめに設定するのがお薦め。
熱めのお風呂じゃないと身体が温まらないという人もいるかもしれませんが、ぬるめのお湯にゆっくり浸かる方が、身体をじんわり温めることが出来るので、湯上りもポカポカが続きます。

 

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かって身体を中までしっかりと温めることで、身体の緊張はほぐれるのでリフレッシュ出来るほか、身体の代謝がアップするだけでなく肌代謝もアップしますから、スキンケアの際に化粧水などが浸透しやすくなったりするなど、あかにきびの鎮静化にも効果的です。