生活習慣を見直してみる

つい毎日不規則な生活になりがちで・・・

あごにきびを繰り返している人の中でよく聞くのが「毎日不規則な生活になってしまう」といったもの。
仕事が忙しく帰りが遅いのに朝早い、日中仕事のときもあれば夜間に仕事をすることもあるなど、睡眠サイクルが統一されていない人。
こうなると自然と、食事を摂る時間も不規則になりますし、忙しい人ともなれば当然、摂る食事も栄養バランスの偏ったものになっていると思います。
生活習慣を規則正しいものに変えたことであごにきびを改善することが出来た人は、多くいるようです。

 

脂質・糖質を減らすだけでもかなり違う

睡眠時間や働く時間などが毎日同じようなリズムであってもあごにきびを繰り返してしまっているという人は、食生活を見直してみるといいでしょう。
栄養バランスの整った食事を心がけているつもりでも、おやつに脂質を摂りすぎたりしていませんか?
あまり量を食べていないつもりでも、肉料理など脂質を多く含むものを選びがちなのに生野菜はあまり食べないといった食べ方をしていませんか?

 

何も、お菓子を食べるな!お肉を食べるな!といっているのではありません。
脂質や糖質を減らすだけでも、お肌のコンディションは随分と変わってきます。
お肉が好きな人であれば、油を使って調理するのではなく茹でてみたり、魚焼きグリルを使うなどして余分な脂を落とす調理方法に変えてみるだけで違ってきます。

 

また、甘いものが大好きな人の場合は、どうしてもおやつを多く食べてしまいがち。
このような人は、いつもよりお菓子を食べる量を減らしてみる努力をするだけで違いを感じることが出来るようになります。

 

お顔のリンパマッサージをしてみる

あご周辺のリンパの流れが悪くなってしまうのもまた、あごにきびの原因になります。
スキンケアは、毎日の洗顔後に必ず行うものですから、乳液や美容液をお顔に塗るときに、お肌に馴染ませるだけでなく、それらを利用してリンパマッサージをしてみませんか?
毒素の出口は鎖骨周辺になります。
まずこの部分を人差し指と中指の腹を使って優しく撫でるようなイメージでこすります。
あごから耳の後ろに向かってゆっくりリンパを流したら、その指をそえたままで今度は首を通って鎖骨まで流します。
お肌を傷めないように、乳液や美容液を多めにつけましょう。
(乳液や美容液は指をお肌を滑らせる潤滑剤の代わりになります。)
朝の洗顔後と夜の洗顔後に毎日行いましょう。
特に、お風呂上りなど代謝がアップしているときは、より効果的です。

 

このように、あご周りのリンパを流してあげることであごにきび予防に繋がるほか、お顔のむくみも取れるのでお顔痩せ効果も期待することが出来ます。