洗顔は「素早く!」「優しく!」「丁寧に!」

メイク落としはしっかりと

女性なら毎日のスキンケアと同じくらい欠かせないのがメイクです。
毎朝メイクをするので、夜にそのメイクを落としますが、BBクリームなど薄づきのものであれば、泡洗顔のメイク落としで十分メイクを落とすことが出来ますが、リキッドファンデーションやクリームファンデーションなど、タフなしっかりメイクの場合は、どうしてもオイルタイプのメイク落としを使う人も多いでしょう。
メイクをしっかり落とすことも勿論、あごにきび対策に有効ですが、メイク落としはしっかり行う必要がある一方で「素早くメイクを落とす」ことも重要です。

 

洗顔に時間を掛けると潤いも逃げる

メイク落としは、ポイントメイクや小鼻の周りも含め、しっかりと落とす必要がありますが、メイク落としに時間を掛けてしまうとお肌に負担を掛けてしまうのはもちろん、潤いも逃がしてしまうので、メイク落としは優しく、でも素早く丁寧に行うのが理想的です。

 

特にオイルタイプのメイク落としの場合、お肌の表面を指の腹を使ってくるくると円を描くようにしてメイクを浮かせて落としますが、これをずっとやっていれば当然、お肌へ刺激を与えることにもなります。
メイクを浮かせるために指で優しく撫でているつもりでも、結局は軽いながら「お肌をこすって」いるので、刺激になります。
特にあごにきびが出来ているあご周辺のお肌は、とてもデリケート。
これが生理前後なら、余計にお肌に刺激を与えてしまいます。
お肌に必要な皮脂までも浮かせて落としてしまいますから、オイルタイプのメイク落としを使用する場合は、丁寧に手早くメイクを落としましょう。

 

ぬるま湯を使えばダブル洗顔は不要

また、あごにきびは乾燥も敵なので、オイルを洗い流すときはひと肌程度のぬるま湯を使って丁寧にしっかりとオイルを洗い流せば、ダブル洗顔の必要は、ありません。
乾燥肌の人にとって、ダブル洗顔は完全にお肌の潤いまで奪ってしまっています。
オイルタイプのメイク落としといえばダブル洗顔がマストだとお考えかもしれませんが、きちんと落とせばダブル洗顔は必要ありません。
オイルタイプのメイク落としを使用した後にぬるま湯を使って残さずしっかりとオイルやメイクを洗い流した後のお肌を触ってみると、適度にしっとりしていますから、ダブル洗顔は控えましょう。

 

お顔を拭くタオルは柔らかいものを

メイク落としが終わったらお顔の水分を取るためにタオルを使用しますが、このタオルも、出来るだけ優しい素材で出来た柔らかいものを使用するようにしましょう。
固いタオルの繊維は、あごにきびを刺激してしまうので、出来るだけ柔らかいタオルを使いましょう。
また、洗顔後に使用するタオルは毎回きちんと新しいもの(洗濯がされているもの)を使用してください。