普段どのように過ごしているのか振り返る

お肌のターンオーバーを正常化させる

毎日きちんと睡眠が摂れている人とそうでない人では、お肌のコンディションが違います。
もちろん、元々お肌が弱い、乾燥肌、敏感肌、脂性肌など、お肌の状態は様々ですが、同じ肌質の人であっても睡眠不足が続いてしまうと、お肌の状態は180度違います。
寝不足が続いてしまうと、お肌のターンオーバーが乱れます。
ターンオーバーは、古い角質を落として新しいお肌へと入れ替わるのを繰り返す周期。
これが乱れてしまうと、古い角質がお肌の表面に残ったままで、新しいお肌へ入れ替わることが出来ません。
お肌表面が段々と固くなってしまいますから当然、化粧品の美容成分がお肌にきちんと浸透しませんから、お肌は乾燥してしまいます。
しかし、今度はその乾燥を防ごうとして皮脂の過剰分泌が起こるので、毛穴が詰まってあごにきびが出てきてしまいます。

 

お肌がきちんと新しいものに生まれ変わるためには、適度な睡眠時間が必要です。
もし、どうしても睡眠時間を長く摂ることが難しい場合は、出来るだけ毎日同じ時間に眠るように意識してみたり、シャワーだけで済まさずに、お気に入りの香りの入浴剤を入れたお湯にゆっくり浸かってリラックスするなど、睡眠の質を良くするよう意識してみましょう。

 

脂質の多い食事を控える

お肉料理が好きな人も多いでしょう。
しかし、お肉は脂質を多く含んでおり、調理法によってはオイルやバターといった油分を使ってソテーするなどします。
お肉をそのまま焼いても、かけるソースにバターがたっぷり・・・なんてこともあります。

 

お肉は、身体の代謝アップを助けてくれたり、含まれているたんぱく質が皮膚作りをサポートしてくれますが、食べ過ぎると脂質過多になってしまいます。
また、お肉は消化に時間が掛かります。
お肉を食べたあとの腸内には、悪玉菌がいっぱい、栄養素は腸内で吸収されますから、このように腸内環境が乱れてしまえば当然、必要な栄養素が吸収されづらいだけでなく、便秘にもなってしまいがちなので、あごにきびが出てきてしまいます。

 

お肉料理を食べるときは、まず生野菜サラダを食べてからお肉を食べるようにすると、生野菜の食物繊維がお肉の脂の吸収を下げてくれます。
また、お肉料理はしゃぶしゃぶよりも焼肉がお薦め。
焼肉は、お肉を焼いているときに余分な脂が網の下に落ちてくれるので、油を使ってソテーするものよりずっと健康的。
とはいえ、やはり食べ過ぎは禁物、生野菜を多く摂るよう意識して適度な量を楽しみましょう。