あごにきびの原因記事一覧

どうしてあごにきびは治りづらいの?子供の頃からにきびが出来やすいお肌という人も多いでしょう。しかし、子供の頃のにきび(思春期にきび)であれば、殺菌作用のあるにきび用の洗顔フォームを使用したり、にきび薬を使用することで比較的早い段階でその症状が緩和・改善することが出来たと思います。症状が重い場合であっても、皮膚科の処方薬を言われた通りに使用するなどすることでにきびを治すことが出来ていたでしょう。しか...


乾燥したお肌もにきびが出来やすい思春期に入ると、成長ホルモンが皮脂分泌をより促進させることも影響して、おでこや鼻の頭ににきびが出来やすくなります。この部分には皮脂腺が多いこともあり、皮脂が多く出てしまうことでにきびが出来やすい肌環境になっているためです。一方で、大人になると今度は、あごなどのフェイスラインににきびが出来やすくなります。このエリアを「Uゾーン」と呼びますが、このラインににきびが出来や...


抗生物質を長期間飲んでいる病気やケガの治療として、抗生物質を処方されている人もいるでしょう。抗生物質を飲む、胃腸の働きが低下することがあります。抗生物質は、確かに悪い菌を退治してくれる効果がある一方で、腸の中の善玉菌にも作用してしまうことがあり、下痢をする人もいます。女性であれば、抗生物質を飲んだことでカンジダになる人もいるほど。抗生物質は、善悪に限らず「菌」を死滅させてしまうので、人によっては体...


洗顔しすぎていませんか?毎日きちんと洗顔しているのにあごにきびがなかなか治らない、にきび用の洗顔フォームを使っているのに治る気配がない・・・そんな人は、洗顔しすぎているかもしれません。洗顔をしすぎてしまえば当然、お肌に必要な潤いまで汚れと一緒に洗い流してしまいますからお肌が乾燥した状態になってしまいます。もちろん、にきび対策として「お顔の皮脂を綺麗に洗い流す」のは効果的であることは確かですが、ここ...


あごにきびは潰せないあごにきびは、思春期にきびとは違い赤く痛みを伴う場合もあります。よく、白にきびが出来ると潰してしまう人もいますが、あごにきびは赤にきびなので痛みを感じることもあり潰せないにきびです。にきびだからと無理矢理あごにきびを潰した場合、白にきびのような膿は出ません。タイプが違いますからケガをしたようなもの。かなり出血が見られることもあり、そのまま傷跡へとなりしみとなってお肌に残ってしま...


毎日欠かせないメイク女性であれば、毎日のメイクは欠かせないという人も多いでしょう。社会人であれば尚更、むしろメイクをしないで出社するのは非常識と言われるほど、メイクというのは身だしなみの一部でもあるのです。しかしこのメイク、女性を美しく見せるための効果がある一方で、下地を塗ってファンデーションを塗ってコンシーラーを使ってルースパウダーで仕上げて、数時間後にはメイク直しをして・・・と、お顔の毛穴を塞...


すぐイライラする些細なことでついイライラしてしまっていませんか?特に忙しい時やお子様がまだ小さくてイヤイヤ期に突入しているママなど、何かと身体と同じように気持ちも疲れているときは、ちょっとしたことですぐイライラしてしまいます。普段なら何も感じないのに、狭い道で人とすれ違うだけでもイライラしてしまう人もいるようですね。しかし、イライラはあごにきびの大敵です。すぐにイライラしてしまうのはストレスが溜ま...