洗顔のしすぎはあごにきびの原因に!

洗顔しすぎていませんか?

毎日きちんと洗顔しているのにあごにきびがなかなか治らない、にきび用の洗顔フォームを使っているのに治る気配がない・・・そんな人は、洗顔しすぎているかもしれません。
洗顔をしすぎてしまえば当然、お肌に必要な潤いまで汚れと一緒に洗い流してしまいますからお肌が乾燥した状態になってしまいます。
もちろん、にきび対策として「お顔の皮脂を綺麗に洗い流す」のは効果的であることは確かですが、ここで重要なのは「余分な皮脂を落とす」ということ。
皮脂は、にきびの元になるお肌の敵であると思われがちですが、適度な皮脂はお肌の表面にオイルのバリアを張ってくれる役割があり、乾燥からお肌を守ってくれる効果があるということをまず理解しておきましょう。

 

洗浄力の強い洗顔フォームは逆効果

あごにきびが出来やすい人の場合、乾燥肌であることが多くあります。
この場合、洗浄力が強い洗顔フォームやメイク落としを使うと、お肌に必要な皮脂も落ちやすくなってしまいます。
確かに、朝メイクをすると1日中毛穴を塞ぎっぱなしの状態ですから、メイクを残さずしっかり落とす必要がありますが、洗浄力が強いと必要な皮脂も洗い流してしまいます。

 

ダブル洗顔をやめてみる

しっかりメイクだから洗顔フォームだけでは落とせないという人で、オイルのメイク落としを使用している人も多いと思います。
この場合、メイクを落とした後に、そのメイク落としの油分を洗い流すべく今度は泡洗顔を行うという人もいると思いますが、メイク落としに使用するオイルは、ひと肌程度のぬるま湯を使ってしっかり洗い流せば、ダブル洗顔は必要ありません。
乾燥肌が気になる人は、ダブル洗顔をやめてみるのもお薦めです。

 

しかし、メイク落としのオイルがお肌に残ってしまっていると、汚れも一緒に残っていることになりますから結果としてにきびが出来てしまいますから、頬やおでこだけでなく、フェイスラインも丁寧にぬるま湯できちんと洗い流してください。

 

朝洗顔は洗顔フォームは必要ない?

夜スキンケアをして眠ったとき、朝起きてお肌を触るとペタペタするという人もいると思います。
これは、お肌が皮脂で潤っている証拠。
皮脂の過剰分泌だと思う人もいるかもしれませんが、お肌がきちんと潤っていると起きた時にお肌がペタペタしています。
実はこれが理想的。
この皮脂は、お肌に必要な皮脂ですが、そのままにしておくと結果としてにきびの原因になってしまいます。

 

しかし、この皮脂を落としすぎてしまえば当然、お肌は乾燥しますから、朝洗顔はひと肌程度の温度のぬるま湯でパシャパシャとすすぐ程度でOKです。
夜眠る前にメイクをきちんと落としてスキンケアをしていますから、洗顔フォームは必要ないといえます。

 

また、朝の寝起き程度の皮脂であれば、ひと肌程度のぬるま湯を使えば不要な皮脂と汚れを落とせて、必要な皮脂だけを残すことも出来ますから、朝はぬるま湯洗顔がお薦めです。