ここに出来たら要注意?あごにきびのサイン

若い頃のにきびと大人にきびは違うもの?

若い頃、特に子供の頃に出来るにきびを思春期にきびと呼びますね。
白くぷちっと出来るにきびで、早く治したいからと潰してしまう人も多いと思います。
まだお肌自体が若いので、すぐにしみになる心配はありませんが、毛穴開きの原因にもなりますしお肌を傷つけてしまうので、将来的にしみになってしまう可能性も十分にありますから、出来るだけ潰さないようにしましょう。

 

いっぽうで、あごにきびなどの大人にきびは、思春期ニキビのように潰すことが出来ません。
赤みが目立ち、痛みを伴う場合もありますが、同じところに何度も繰り返し出来てしまうという厄介な特徴のあるにきびです。

 

ここに出来たら要注意

大人にきびの代表ともいえるあごにきび。
名前の通り、あごにきびはあご周辺に出来るのが特徴ですが、あご以外にも、ここに出来たらそれはもう大人にきびだ!というにきびについてお話していきたいと思います。
女性なら、いつまでも若々しく美しいお肌を保ちたいと思うもの。
しかしそんなことはおかまいなしに、着実にお肌も大人になっていきます。

 

眉間、こめかみ

寝不足の日が続いてしまったり、不規則な症生活が続いてしまう、運動不足なのに脂質や糖質の多い食生活を送ることが多いという場合、眉間やこめかみといった部分ににきびが出来る人もいるでしょう。

 

これは、生活習慣の乱れももちろん影響していますが、この部分に出来るにきびは大人にきびと呼んでいいでしょう。
中には、このような不規則な生活を送るたびにその部分ににきびが出来てしまう人もいるでしょう。
そのような人の場合は、完全に大人にきびであると言えます。

 

体調管理をすれば改善する

眉間やこめかみに大人にきびが出来てしまう場合は、皮脂の過剰分泌などが原因で起きるあごにきびと違い、ストレスや生活習慣の乱れによる影響がほとんどです。
この部分に大人にきびが出来てしまうという人は、生活習慣を改善してみるといいでしょう。
食べ過ぎてしまいそうな日は、脂質や糖質が少ない食品は避けて、生野菜や茹で野菜などを積極的に摂るようにしましょう。
脂質の多いお肉料理を食べたい場合は、焼肉など余分な油を落とせるようなお料理を選んでみましょう。

 

眉間やこめかみの皮膚は薄い

眉間やこめかみの皮膚は頬やおでこよりも薄いので、生活習慣の乱れといったものに影響されやすい場所でもあります。
ストレスを溜め込み過ぎてしまった場合も、この場所によくにきびが出来ますから、適度にストレスを解消しましょう。
また、この部分ににきびが出来る場合、お腹の調子を崩すこともあるので、もし眉間やこめかみににきびが現れた場合は、お腹に優しい食事を摂るよう意識してみるといいでしょう。