あごにきびにはビタミンBとビタミンCどちらがいい?

食生活にサプリメントを摂り入れる

あごにきびに効果的とされている栄養素といえば「ビタミンB群」ですが、実はビタミンCもまた、あごにきびに効果的といわれています。
実際に、毎日の食生活と一緒にサプリメントを飲んでいる女性も多いと思いますが、その目的があごにきび対策であったり肌荒れ対策であったり、そういう場合はビタミンB群を、美白効果を期待したい人はビタミンCのサプリメントを飲んでいると思いますが、果たして、どちらが効果的なのでしょうか?

 

あごにきびにはビタミンCも効果的

あごにきびといえば、赤みがあるのが特徴ですね。
きちんとケアしないと同じ場所に繰り返し出来てしまうだけでなく、潰していないのにしみになって残ってしまうこともあります。

 

こんなあごにきびに有効に作用してくれる栄養素こそビタミンCなのです。
しかし、ビタミンB群もあごにきびに効果的とされています。
実はこれには、役割分担がきちんとあるのです。

 

ビタミンCは外から、ビタミンBは中から

あごにきびをトータルでケアしたい場合、

 

・ビタミンB群をサプリメントで摂る
・ビタミンCが配合された基礎化粧品を使う

 

といったように、お肌の外と中でトータルケアすることでより効果を実感することが出来るようになります。
まず、ビタミンB群は、皮膚を形成・修復するのに大切な栄養素で、出来てしまったにきびを鎮静化させたり肌荒れを改善してくれるのに効果を発揮してくれます。
実際に、あごにきびが出来やすい人はビタミンB群が不足していることもあり、毎日の食事と一緒にサプリメントでビタミンB群を摂るのがお薦めです。

 

一方で、ビタミンCには美白効果があることで有名ですね。
ビタミンCが持つ美白効果を利用して、あかにきびを外側からケアするのです。
あごにきびは、赤く痛みもあり、何よりあご周りは紫外線を浴びやすい部位ということもありあかにきびが色素沈着しやすい環境にあります。
ここへ、美白効果のあるビタミンCが配合された基礎化粧品を使ってスキンケアをすることで、あごにきびを目立たなく、また色素沈着を予防する効果を期待することが出来るのです。

 

ビタミンCで毛穴をキュッと引き締める

ビタミンCが配合されている基礎化粧品を使用すると、皮脂の過剰分泌を抑えてくれます。
毛穴の中に余分な皮脂が溜まらなくなるので、毛穴を引き締めることが出来ますし、そうなれば毛穴に汚れも溜まりづらくなるので、結果としてあごにきびが出来ずらいお肌作りが出来ます。
ビタミンC配合、ビタミンC誘導体といった説明のある基礎化粧品を選ぶといいでしょう。
また、ビタミンCが配合されている基礎化粧品は、ビタミンCが熱に弱いこともあり、冷蔵庫や冷暗所で保存するよう注意書きがされているものもありますから、購入する際に開封後の取り扱いについてもきちんと確認しておきましょう。