洗顔後に保湿するから顔を洗いすぎても大丈夫?

フェイスラインもきちんと洗顔してるのに・・・

毎日朝晩、必ず洗顔をすると思います。
朝はぬるま湯洗顔、夜はメイクをきちんと落としてスキンケアが理想的ですが、中には、「きちんと洗顔しているのにあごにきびが出来てしまうのが悩み」だという人もいます。

 

このような人の場合、あご周りをきちんと洗い流せていないことがあります。
頬やおでこ、前髪の生え際などは、泡を残さないようにきちんと洗い流すのに、あご周りのフェイスラインはつい疎かになってしまいがち・・・
泡が残ったままタオルで拭いてしまうと、一見きちんと洗顔したように見えても、お肌表面には洗浄成分や汚れをそのまま残してしまっていますから、そこにアクネ菌が繁殖してしまい、あごにきびが出来てしまいます。
このような場合、あごにきびだけではなく、お肌に赤みや痒み、湿疹が出来てしまうこともありますから、きちんと泡を洗い流しましょう。

 

にきび対策に必要なのは「保湿」

にきびと聞くと、脂性肌の人が出来るものといったイメージがまだまだ強いように感じますが、実は、乾燥肌の人もあごにきびなど、にきびが出来やすい肌環境にあります。

 

お肌が乾燥してしまうと、これ以上乾燥させまいとお肌自身が皮脂を分泌させます。
本来、お肌は適度に皮脂分泌を行っているのですが、乾燥したお肌は通常の皮脂分泌では足りなくなります。
お肌はお肌を潤そうとして、皮脂を一生懸命出します。
これが「皮脂の過剰分泌」の原因です。
皮脂の過剰分泌が起きると、確かにお肌表面は潤いますが、毛穴を詰まらせてしまいますから、結果としてあごにきびの原因になってしまうのです。

 

お顔をきちんと洗い流してしっかり保湿する

お肌を乾燥から守るために必要なのが、毎日のスキンケアでの保湿です。
しかし、スキンケアをする前には必ず、お肌を清潔にするためにまず洗顔をしますね。

 

あごにきびを予防・改善したいのであれば、洗顔から気を付ける必要があります。
中には、洗顔後にちゃんと保湿するから大丈夫だと考える人もいるでしょう。
確かにその考え方は間違いではないのですが、お肌が弱い人の場合は、過剰な洗顔はお肌を痛めてしまうこともあるので、あまりお薦めとはいえません。

 

きちんと洗顔をするにしても、洗いすぎはいけません。
最近は、毛穴の奥の汚れまでしっかりと落とせるよう、クリームのようなしっかりとした泡が作れる洗顔フォームもあります。
確かに、洗顔しているととても気持ちがいいのですが、気持ちがいいからといって洗いすぎてはいけません。
毛穴の汚れを落としたら、今度はひと肌程度のぬるま湯を使ってしっかりその泡を洗い流しましょう。