あごにきびは体調不良のサイン?

生理前後にあごにきびが出来る

女性なら毎日生理が来ると思います。
この、生理前後のタイミングになるとホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れを起こす人もいます。
この時期になると毎月必ずあごにきびが出来てしまうという人も少なくないでしょう。

 

しかしこの時期に出来るあかにきび、ホルモンバランスが崩れてしまうことが影響して起こることも十分あります。
特にあご周りは、男性ホルモンが多くある場所でもありますから、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで、男性ホルモンの影響であごにきびが出来てしまう人もいるのです。

 

生理痛が重い、PMSの症状が重い

どうしても毎月繰り返してしまうあごにきび。
こんな人の中に、

 

・毎月生理の症状が重い
・PMSの症状が重い

 

という人は、いませんか?
毎日きちんとスキンケアしているのにあかにきびが治らない、皮膚科に行っても赤みはひいてもあかにきび自体は治らないなど、何かしら効果的とされる方法を取っているにも関わらずあごにきびが改善されない場合は、一度婦人科を受診してみるといいかもしれません。

 

婦人科系疾患の可能性も

あごにきびは、単純なにきびだと思ってはいけません。
もちろん、ストレスが溜まってしまったり、ホルモンバランスが乱れてしまう、生活習慣が不規則だという人であれば当然のように、あごにきびを繰り返すとも言えます。
しかし、毎日の生活を見直したとき、そこまで見直すほどのことが見当たらない、お肌に合うスキンケアをしているのにあかにきびが治らない・繰り返すといった場合は、一度婦人科を受診することを検討しましょう。

 

繰り返すあごにきびは、婦人科系疾患を知らせている場合もあります。
また、生理不順の女性もあごにきびが出来やすい体質であるといえますから、一度婦人科を受診するようにしましょう。
あごにきびが出来ずとも、生理不順の女性は婦人科の受診をお薦めします。

 

婦人科系疾患などをきちんと治せば、あごにきびが改善されることもあります。
毎日きちんとスキンケアをしている、生活習慣にも特に問題はない、でも生理中などの症状が気になるという場合は、皮膚科より婦人科がお薦めです。